小さい頃に家族や友達と食べたから

不動産事務 正社員 大阪

 

就職すると決めた時、特になりたい職もなく通っている学校の資格を活かせる職にしようと考えていました。

 

最初の職探しということで、かなり不安もあったので親の意見も聞いてみようと思い、ある日帰った時に聞いてみました。気になる会社の話もしつつ、やりたい事をやればいいと父親には言われましたが、母親がある会社の詳細を見てネットを確認し慌ただしくリビングを出ていき、大量のアルバムを持ってきて興奮したように私に言うのです。
「この会社の製品食べた事があるの!」と、証拠のように写真とネットの画像を私に見せてくれました。
母が言ったようにその写真にはネットの画像と同じパンを持って喜んでいる私の姿がありました。ただ、この時の記憶はないのですが、母親はとても嬉しそうに「これは何かの縁かもしれないんね」と。
確かに記憶はないにしろ、少し気になって持ってきた会社の製品を食べていたということに少し私もこれは何かあるんではないかと思うようになり、面接を受けることを決めました。

 

 

こちらの記事もよく読まれています

勝手に1人の人にレッテルを貼られたこと
忙しさに加わり苦手意識と他人との比較と病気
昇給の見込みが無く、仕事量ばかり増えていったため
昇給価格があまりにも低かったこと