昇給の見込みが無く、仕事量ばかり増えていったため

不動産事務 正社員 大阪

 

派遣社員として昇給なしの条件で働いていたが、人数の少ない職場で自分で言うのも何だが、上司や正社員の方からもある程度の評価を受けていた。
そのせいか分からないが、他にも派遣社員はいるのに、私にばかり仕事が集中し、またその仕事の依頼も雑でただ投げるだけであったり、他の方と調整もせずにいきなりやってくれと言われたり、結局私が残業などをして何とか仕事をこなしていた。
そんな中、派遣・準社員向けに正社員登用試験が行われたが、筆記では良い結果を残せたらしいのだが、残念ながら面接で落ちてしまった。
派遣先の上司の方と折り合いが悪く、面接前日にアドバイスと称したお説教とほぼ同じ内容・同じ言い回しの言葉を人事の方から言われ、はっきりとは明言されていないが、その上司の方の判断で落とされたのであろうと思った。
30代半ばに差し掛かった年齢や、3年を超える勤続年数を考慮に入れて、転職活動をするならば今なのでは無いかと思った。

 

 

 

こちらの記事もよく読まれています

勝手に1人の人にレッテルを貼られたこと
小さい頃に家族や友達と食べたから
忙しさに加わり苦手意識と他人との比較と病気
昇給価格があまりにも低かったこと